HOME >> マル子のおすすめ情報(水産)

マル子のおすすめ情報

水産

松葉がに

--

鳥取県の代表的な冬の味覚のひとつ、松葉がには、成長したズワイガニの雄のことで、殻が固く、はさみは大きく、ずっしりと重いです。鳥取県のズワイガニ漁は、11月上旬~3月まで、山陰沖の漁場で行われ、主に、鳥取港、網代港、田後港、境漁港に水揚げされます。 松葉がには、刺身、茹でがに、焼きがになどで食べたり、カニすきで食べたり、様々な調理で楽しんでいただくことができます。

ぶり

--

山陰の年末と言えば「ぶり」ですね!出世魚の最たるもので脂も乗って、最近ではぶりしゃぶがブームだとか。年末年始はぶりをたくさんご用意しておりますのでどうぞご利用下さい!ちなみに漢字の「鰤」は「『師走』(12月)に脂が乗って旨くなる魚だから」、または「『師』は大魚であることを表すため」等の説があるそうです、何しろ今の時期が旬ということですね!

数の子

--

数の子は鰊(にしん)の卵で、卵の数が多いことから子孫繁栄を願って縁起物として食べられました。お正月料理には欠かせません。