HOME >> マル子のおすすめ情報(青果)

マル子のおすすめ情報

青果

新たまねぎ

--

初春のこの時期、やや大きくて皮が黄色っぽい(白っぽい)新玉葱は、収穫後すぐに出荷しているので、半生でやや肉厚の柔らかそうな外皮に包まれた、水分が豊富で柔らかく甘みが強い(辛味が少ない)のが特徴です。 水に晒さなくてもオニオンスライス等で生で食べられますが、炒める時は火の通りが早いので注意しないとトロトロになってしまいますし、煮込み等に使うのはあまり適していません。 水分が多くて痛みやすいので保管は冷蔵庫でした方が良いようです。

新じゃが

--

新じゃがの旬は初春から初夏 一般的に新じゃがは初春から初夏に出回る物を指す事が多いです。貯蔵されずに、収穫後すぐに出荷され、皮が薄くみずみずしいジャガイモです。

しらぬい

--

長崎県にある農林水産省果樹試験場において、1972年に清見と中野3号ポンカンの交配種として誕生したタンゴールです。温州みかんとオレンジの本来の品種名は生産を始めた地域にちなんで「不知火(しらぬひ」)」と呼ばれ、「デコポン」は登録商標となっています。