HOME >> マル子のおすすめ情報(おすすめ情報)

マル子のおすすめ情報

うなぎ蒲焼

--

夏バテ防止のためにウナギを食べるという習慣が定着したのは、江戸時代中後期になってから。売り上げ不振に悩んだウナギ屋から、相談を受けた平賀源内が「今日は土用の丑の日」と書いた張り紙を出して宣伝し繁盛したそうです。

枝豆

--

春から夏にかけておいしいのが枝豆ですね。枝豆をおうちでおいしく食べる⑤つのポイントをご紹介! ①まず枝豆が新鮮であること、収穫して時間がたつと甘みがなくなってしまいます。 ②さやの両端を少し切ると煮た時に豆に味がよくしみ込みます。 ③ボールなどで荒塩を振って塩もみします。こうする事で産毛や表面の汚れなども落としてくれます。 ④沸騰させている湯に加えてゆでる ⑤ザルにあげて冷ます、冷水で冷ましたくなりますが、うまみや塩分が流れでてしまいます。 一度チャレンジしてみてください!

冷やし中華

--

「冷し中華始めました」夏の訪れと共にメニューに追加。 夏バテなどを催させる日本の厳しい夏の間、そのさっぱりした食感と様々な具を使用する事から、家庭食・外食を問わず、特に夏に食される事が多く、夏の風物詩です。 ※写真はイメージです。

白いか

--

白いかは鮮度良いときは、皮が透けて内臓が見えるくらいの透明感があります。 特に、活イカの刺身は身かしっかりしていて、こりこりした食感が味わえる。 透きとおる鮮やかさと甘味も申し分がなくショウガを添えると一層美味しくいただけます。

森永 甘酒 190g

--

甘酒には、水分・塩分・糖分がバランスよく含まれており、夏場の栄養補給にぴったりです!厳しい暑さを乗り切る“夏バテ対策”の飲み物として、最近は多くの方に支持されています。森永の冷やし甘酒は夏場でも飲みやすいスッキリ後切れ感のある味わい。酒粕と米麹の絶妙なバランスと「伯方の塩」の穏やかな塩味がそれぞれの持ち味を引き出しています。

鯵(アジ)

--

アジの旬は5~7月です。ちょうど夏の時期に美味しく食べることができます。アジはとても種類の多い魚で、中でも一般に流通しているアジは「マアジ」です。美味しいアジを選ぶコツは、目が澄んでいるもの、身に張りがあってエラが鮮赤色、あまり大きすぎないものを探すことです。夏の時期、アジのたたきなどビールの肴としてぴったりです。

飛魚

--

山陰の名物の一つ、あごのやきでおなじみトビウオが旬に入ってきました! 非常に良いだしがでるのはご周知の通りですね、ちなみに境港では古来豆ごはんとトビウオの刺身が最高のごちそうと言われたそうです。中骨が固いので毛抜きでとるか、骨切りをして食べましょう!

初かつお

--

初鰹の旬な時期は、地方によって少し違うようですが、春から夏にかけてが旬と言われています。 鰹で有名な高知県では3月に水揚げされますが、その時期は脂の乗りが少なく型もそろっていないため、鰹の数が増える5月から6月ごろが最も旬な時期と言われています。

大山ハム あらびきポークウインナー

--

地元の誇る大山ハムのあらびきポークウインナーです。スモークの風味豊かに仕上げた味で大人気! お弁当のおかずにおすすめです!保存料不使用なので開封後はお早めに!