HOME >> マル子のおすすめ情報(おすすめ情報)

マル子のおすすめ情報

すいか

--

夏の果実の王様といえばスイカです!すいかはなすやきゅうりと同じく昔から体温を下げる食品と言われています。やはり時節の旬を食べるのには理由があるものです。食べやすいカットやブロックもご用意しておりますのでどうぞご利用ください。

ボイルタコ

--

ボイルたこがおいしくとっても便利! 冷凍が効きますので物が傷みやすいこの時期とっても便利!小分けにしておくとさらに便利です。キムチとの相性抜群ですからタコキムチなどにされてはいかがでしょうか

白いか

--

白いかは鮮度良いときは、皮が透けて内臓が見えるくらいの透明感があります。 特に、活イカの刺身は身かしっかりしていて、こりこりした食感が味わえる。 透きとおる鮮やかさと甘味も申し分がなくショウガを添えると一層美味しくいただけます。

冷やし中華

--

「冷し中華始めました」夏の訪れと共にメニューに追加。 夏バテなどを催させる日本の厳しい夏の間、そのさっぱりした食感と様々な具を使用する事から、家庭食・外食を問わず、特に夏に食される事が多く、夏の風物詩です。 ※写真はイメージです。

飛魚

--

山陰の名物の一つ、あごのやきでおなじみトビウオが旬に入ってきました! 非常に良いだしがでるのはご周知の通りですね、ちなみに境港では古来豆ごはんとトビウオの刺身が最高のごちそうと言われたそうです。中骨が固いので毛抜きでとるか、骨切りをして食べましょう!

鯵(アジ)

--

アジの旬は5~7月です。ちょうど夏の時期に美味しく食べることができます。アジはとても種類の多い魚で、中でも一般に流通しているアジは「マアジ」です。美味しいアジを選ぶコツは、目が澄んでいるもの、身に張りがあってエラが鮮赤色、あまり大きすぎないものを探すことです。夏の時期、アジのたたきなどビールの肴としてぴったりです。

初かつお

--

初鰹の旬な時期は、地方によって少し違うようですが、春から夏にかけてが旬と言われています。 鰹で有名な高知県では3月に水揚げされますが、その時期は脂の乗りが少なく型もそろっていないため、鰹の数が増える5月から6月ごろが最も旬な時期と言われています。